古くからの知恵に技術を加え、和の住まいの良さを丁寧に表現

Uさん邸:外観Uさん邸の場合/家族4人
・ずっと暮らしやすい純和風の平屋の住まい
伝統の技術を活かした平屋の家は、自然素材をふんだんに使い、温かみのある雰囲気に。室内もバリアフリー仕様で暮らしやすく
・風の流れと光の入りを計算した快適な間取り
自然な光と風の入り方を計算した間取りにより、家の中は常に明るく快適。将来は三世代同居も可能な部屋の配置もポイント
・長閑な田園風景を借景する窓配置の工夫
金峰山まで見渡せる周辺の美しい景観を家中からも楽しめるよう、窓の位置と大きさを工夫して心やすらぐ癒しの空間を演出 
細部にまで伝統美が息づく、大工の腕が光る和風建築。重厚かつ端正な佇まいが印象的に完成しました。
■詳細はこちら
http://www.ienavikumamoto.com/ie_detail.php?id=iedu000783&kid=20
コメント
コメントする