木をふんだんに使用。レトロで趣ある佇まいのKさん邸

Kさん邸:配置図

Kさん邸:外観家の中はもちろん外観にも木をふんだんに使用した、どこかレトロで趣ある佇まいのKさん邸。
家を造る際、夫婦が最もこだわったのは全てが土に還る
本物の自然素材の住まいであること。

一部に和紙クロスを張っているものの、壁の大半は漆喰で床や天井も無垢板張り。
さらに雨戸や窓枠も熱を伝えにくい木製品です。

そこへ空気の層を作り、断熱性能に優れた障子を配しています。
驚くことにこの家の総木材量は建物の9割にもなります。
Kさん邸:1Fリビング
【1F リビング】
漆喰の壁やゆるやかに弧を描く
杉の曲がり梁、県産の杉無垢材
をふんだんに使った床や天井。
自然素材が心地よい吹き抜けの
リビングルーム。
Kさん邸:1Fキッチン
【1F キッチン】
ゆとりあるキッチン、料理をしな
がら家族のだんらんを・・・
キッチンにも自然素材をふんだん
に取り入れています。
Kさん邸:1F洗面所
【1F 洗面所】
間接光により、木の温も
りを引き立てます。
小物を置く棚も造り付け
に。
Kさん邸:2階のくつろぎホール
【1F 浴室】
木の香漂うヒノキ張りの浴室。
湯船に浸りながら庭が眺
められるよう、目線の高
さに窓を設けています。
窓を開ければ、ちょっと
した露天風呂気分を味わ
うことができます。
Kさん邸:2F吹抜
【2F 吹抜】
上から覗いてみれば…
家族のだんらんの場、リビングを
一望できます。
Kさん邸:1F 浴室
【2階 くつろぎの場、ホール】
戸棚は小分けすることで整理整頓
が大変しやすくなっております。
なお、上で紹介した吹抜もこの
ホールから一望できます。
1